MENU

第60回日本臨床化学会年次学術集会 開催形式変更のご案内

第60回日本臨床化学会年次学術集会 開催形式変更のご案内


 最近の新型コロナウイルス感染状況を鑑み、今年の年次学術集会を完全Web開催に変更いたします。会期はそのままで、基本的にはライブストリーミング方式を採用します。発表者、座長の先生方には、指定のURLからご入室していただき、現地開催と同様にWeb上でプログラムを進行します。参加者の皆様には、オンライン年次学術集会の特設サイト内の各会場(またはセッション)のURLからご入室いただくことで、発表を自宅や職場から視聴できます。口演発表を主とし、一部をポスター発表といたします。ポスター発表については、オンデマンド配信でデジタルポスター形式といたします。質問はQ&A機能からリアルタイムにお寄せいただくことが可能で、座長の先生を通して発表者とディスカッションしていただきます。この方式を採用することによって、ライブ感を持たせた学会運営を心がけたいと考えております。


 なお、Webによる事前の参加登録を採用します。オンライン年次学術集会特設サイトの視聴ID・パスワードは、参加費の受領を確認後、特設サイトの準備ができ次第、ご登録のEメールアドレス宛にお知らせいたします。詳細は年次学術集会ホームページと会員一斉メールで追ってお知らせいたします。


 今回の年次学術集会では、現地開催のために企画していたプログラムはほぼすべて行います。他学会との3つの共催シンポジウムを含む9つのシンポジウム、企業シンポジウム、JSCC国際学術シンポジウム、YIAシンポジウム、学生シンポジウム、教育講演、学会賞受賞講演、特別講演等を予定しております。


 また、ランチョンセミナー、イブニングセミナー、機器・試薬セミナーのほか、新型コロナウイルスに関連する機器・試薬の特別セミナーも開催します。最終日には、「臨床化学アカデミー」を開催するほか、「認定臨床化学・免疫化学精度保証管理者」の新規受験者を対象とした指定講習会を今回初めて行います。受講者には公式な受講証明書が発行されますので、受験予定者はぜひご参加ください。


 年次学術集会は、最新情報や研究のヒントを得るのに絶好の機会です。Web集会の特徴を活かして、移動することなく、1人でも多くの方に「臨床化学を楽しむ」を実践していただくことを関係者一同、切に願っております。

一般社団法人日本臨床化学会
代表理事 前川 真人


第60回日本臨床化学会年次学術集会
集会長 三井田 孝

Information

2020年9月18日
事前参加登録を掲載しました。
2020年7月21日
演題登録(指定演題)を締め切りました。
2020年6月16日
演題登録(一般演題)を締め切りました。多数のご応募をいただき、ありがとうございました。
2020年6月3日
プログラム・日程表を掲載しました。
2020年4月20日
演題登録(指定演題)を開始いたしました。
2020年3月3日
演題登録(一般演題)を開始しました。
皆様からのご登録をお待ちしております。
2019年10月30日
ホームページを公開しました。
このページの先頭へ